ペットが居なくても楽しいペット博

大阪発 日帰りで遊べる場所情報局

ペット関連グッズがお得に買える

ペット博2015
INTEX OSAKA4号館にて

ペット博は毎年インテックス大阪にて盛大に行われているイベント。 ペットを飼っていなくても誰でも入場でき、ペットの関連グッズや専用フードなどが展示販売されています。
今回は雨降りだったので、動物ふれあいコーナーもあるとの事で遊びに行ってきました。

ペット博2015

朝9時半前に出発。
阪神高速南港北出口から約5分、開館前の午前10時前に到着。
車から降りてくる人は皆犬や猫などのペットを連れてきています。

オープン直後は大盛況

開館直後はさすがに行列ができていて、この時点で珍しい犬種など色々見れて楽しかったです。 入場料は大人1,300円、3歳〜小学生は800円でした。前日にローソンでチケットを買って行ったのですが、もうイベントが始まっていたので前売り料金にならず残念。
チケット売り場で並ばなくて済むのですが、ロッピーの手数料を取られるので当日現地で買った方がお得です。

ペット博入口

よく躾された飼い犬ばかりなので、犬同士がほえ合う事も無くスムーズに入場。
かなりの大型犬から可愛く着飾った小型犬、猫などペットの種類も多種多様。
うちの家族みたいにペット無しで入場する方も多くいてひと安心。

入場すると犬の服屋さんやペットフードのメーカーなどのブースが賑わっています。


しつけ教室や運動会まで

場内をぐるっと回ると色々な催しが行われていました。
イベント広場ではペットの運動会が行われるようです。

しつけ教室
イベント広場スケジュール

しつけ教室もありましたが、ここに来ているワンコらは行儀が良いので必要なさそうに見えます。 見に行った時にちょうど運動会のエントリーをしていたので見てみましたが、どのワンコも個性的で、綺麗に手入れされていたので見ていて楽しかったです。


動物ふれあいファーム

遊びに来ているお客さんのために動物ふれあいファームがありました。
ここは有料ゾーンになっており、1回600円で入場できます。

動物ふれあいファーム
ひよことふれあう

ヤギ、ヒツジ、モルモット、ヒヨコなどが直接触れます。
エサも1カップ300円で販売されていましたが、この動物園をLINEの友達登録すると無料でもらえました。
子どもらはボールパイソンを首に巻いてもらったりして遊んでいました。


保護犬ブース

保護犬のブースでは保護犬の展示と里親探しをしていました。猫もいました。
ワンコらは人に慣れているのでしっぽを振ってすぐに寄ってきます。

保護犬たち

保護元や過去の病歴など細かく書かれており、里親が決まったらケージ購入でそのまま連れて帰れるようになっていました。実際何匹か里親が決まったようで、一緒に帰っていくワンコや猫を見ました。
生まれて2ヶ月ぐらいの子猫も居たのですが、里親が決まったようで帰る頃には居なくなっていました。

ここにいた柴犬が大人しくて気に入ったのか、犬の苦手な息子までもが連れて帰りたいと言って大変でした(^^;) うちは嫁さんが犬猫アレルギーなので飼えません。この日もマスクと目薬を手放せませんでした。


ラブラドゥードル

オーストラリアン・ラブラドゥードルのブースへやってきました。
なんでも毛が抜けないのでアレルギーのある人でも飼える犬種だそうで・・・

ラブラドゥードル

実際にラブラドゥードルにふれあえます。
ラブラドールとプードルをメインに掛け合わせたそうで、プードルの毛が抜け難い質、ラブラドールの賢さを持ち合わせた犬種だそうです。盲目で犬アレルギーの方の介助犬として活躍するそうです。

ケージ内には5種いて、スタンダードタイプでもかなりの大型、ミニチュアでも中型より少し大きいぐらい。 毛質もプードルみたいなウールタイプとサラサラのフリースタイプが居ます。
これならうちでも・・・
めっちゃ可愛いのでいずれは検討したいですね〜(^^)


エキゾチックブース

1店だけエキゾチックアニマルを扱う店舗が出店していました。
レプタイルズフィーバーの時は肩にタカやイグアナなど乗せた人が多く来場しているそうですが、さすがにペット博では犬猫ばかり。

生体販売
フトアゴヒゲトカゲ

ここのブースでは生体の販売もされています。
ヘビ、リクガメ、フトアゴ、トカゲなどの爬虫類やハリネズミ、ミーアキャットなどの珍しい動物。 猛禽類ではフクロウ、ハリスホークなども。高額なフクロウが2匹売れていました。
すぐ飼えるように用品なども販売されています。


金魚すくいとザリガニ

エキゾチックブースの隣にザリガニ釣りと金魚すくいコーナーがありました。
結構立派で大きなザリガニばかりで、スルメをエサにして釣ります。

ザリガニ釣り
金魚すくい

金魚すくいとザリガニ釣りは1回300円。容器を買って持ち帰りもOK。
子供達がたくさん群がっていました。


鳥カフェ

バードエリアに鳥カフェがあります。
入場300円でペットボトルのドリンク付き。手乗りのインコとふれあえます。

鳥にエサやり

鳥カフェの周囲にバードケージがあり、1回100円でエサやりできます。 貯金箱が置いてあるので100円を入れてエサとピンセットを借りて鳥にエサやり。
エサがヒマワリの種なので、鳥の説明書きにヒマワリが食べれるか書いています。

大きなヨウムや綺麗なインコなどたくさん居ました。


フードコート

ペットを連れてきている人は普通の飲食店にはほとんど入店できないので、ここで食べるのが一番良さそうでした。

フードコート

豚丼、からあげ丼、カレーなどのご飯物や、焼きそば、うどんなどの麺類があります。 丼が800円で、麺類が500円ぐらいでした。
その他フランクフルトやドリンク、アルコールの販売もされています。

会場の外にも色々食べ物のお店があります。
ペット博は再入場も可能なので、今回はATCまで遊びに行ってきました。


ATCで遊ぶ

午後から少し雨が降ってきたのですが、西ゲートを越えて道路を渡る部分だけ屋根が無いだけで、ほぼ通路には屋根があります。雨の日の移動も安心です。
ATCではフリーマーケットも行われていましたが、雨のため早めに引き上げていました。残念・・・

遊びマーレ

ATCのアウトレットで文房具や事務用品を取り扱うアウトレット店があるので、ここでノートやペンなど大量購入。
5Fには屋内型遊園地「遊びマーレ」と言う室内で遊べる施設ができており、雨の日でも一日中楽しく過ごせます。

この遊びマーレですが、規模が大きいですね。
ボールプールやトランポリン、ふわふわすべり台、サイクルカートなど盛りだくさん。敷地が広いのでかなり遊びまわれます。
マッサージチェアなどもあるので親ものんびり過ごせそうです。


で、インテックスへ戻ってまたペット博へ再入場。
さすがに夕方になると人もまばらで犬猫とのふれあいも楽になります。
イベント終了時間までたっぷり遊べて満足です(^^)
交通費は阪神高速代往復1,860円、駐車料金1,000円、ペット博チケット代が4,200円。これに昼食代と買い物した料金で一日遊びました。
ペット博、いずれは自分もペットを連れて行きたいですね〜。

遊ぶ所を探す

観光ガイド

京都観光ガイド
吉野山観光ガイド
東大寺観光ガイド
有馬温泉観光ガイド
白浜観光ガイド