自由の森なるかわ

大阪発 日帰りで遊べる場所情報局

なるかわでお気楽キャンプ

自由の森なるかわ

東大阪市六万寺町1-1668
TEL 072-986-1551

施設基本情報

駐車場 : 無料
入場料 : 炊事代100円/1人
定休日 : 不定休なのでHPをチェック!
営業時間 : 要問合
アクセス : 信貴生駒スカイラインより約20分
なるかわHP  ◇周辺地図

なるかわキャンプ場について

日帰り利用可能 / バンガローあり / 滞在時間目安:半日〜1日

自由の森なるかわのキャンプ場は東大阪市の生駒山にあります。
奈良県生駒市との県境にあり、標高が高いので夜になると夏でも涼しいぐらいです。
場内にはバンガローや常設のテントなどで宿泊できます。
川が無いので水遊びは出来ませんが、ターザンロープなどの遊具で遊べます。

料金詳細
【 宿泊施設 】

バンガローA棟(定員12名):1棟1泊9,600円
バンガローB棟(定員6名):1棟1泊4,800円
バンガローC棟(定員6名):1棟1泊4,800円
バンガローD棟(定員6名):1棟1泊4,800円
(※全バンガロー別途シーツ代1人200円)

テント 全15張 1張1泊3,200円
フレッシュエアテント 全5張 1張1泊4,000円
(※貸出寝具:毛布・寝袋1人200円)

【 施設利用料 】

野外炊事施設利用料 1人100円
バーベキューロストル使用料 1,000円
バーベキュー網 100円

管理棟

管理棟
散策路

駐車場から第二キャンプ場を通ってくると管理棟があります。
散策路はハイキングコースから上がって来た人たちも通ります。

バンガロー

バンガロー1
バンガロー2

6人用は1泊4,800円、12人用は9,600円で、各棟にシャワーも完備されています。
炊事用具1人100円とシーツ代1人200円が別途にかかります。

バンガロー内
ベランダからの景色

12人用のバンガローはすぐ予約で埋まります。
6人用には二段ベッドが2つと、ロフトに2つ寝る場所がありました。

テントサイト

テントサイト1
テントサイト2

テントサイトは自分で張るタイプと常設のテントがあります。
写真は常設のテントで、外にはテーブルと椅子もありました。

野外炉

野外炉
灰捨て場

野外炉を借りてBBQもできます。利用料金はロストル1つ1,000円です。
捨て灰場もちゃんとありました。

かまど
洗い場

飯盒炊爨やカレーなどを作るためのかまどもあります。
洗い場の水は地下水利用なのでとても冷たかったです。

アスレチック広場

あり地獄1
あり地獄2

第二キャンプ場の近くに「あり地獄」と言う木製の遊具があります。
子供らはここでずっとぐるぐる走り回って楽しそうに遊んでいました。

ターザンロープ1
ターザンロープ2

あり地獄の上にはターザンロープもありました。
人が少ないので延々と遊んでいました。

レクリエーション

焼き板1
焼き板2

レクリエーション費200円払うと、「焼き板」を体験させてくれます。
板を焼いて、炭をタワシでこすって絵の具で模様を書きます。
絵の具代は別途1色100円必要でした。
木工クラフトでペンダントなども作れます。
ペンダントは一つ100円でした。

備考

バンガロー1泊4,800円と利用料金は安いです。
東大阪市民なら、利用日の6ヶ月前から予約することができます。
市外の人は3ヶ月前からの予約になります。
自然の森なるかわへ行く信貴生駒スカイラインは、阪奈道路から往復で1,900円でした。
キャンプ場への入口が分かりにくいので要注意です。

遊ぶ所を探す

観光ガイド

京都観光ガイド
吉野山観光ガイド
東大寺観光ガイド
有馬温泉観光ガイド
白浜観光ガイド

大阪のお宿検索

心斎橋・なんば・四ツ橋周辺
梅田駅・福島・淀屋橋・本町周辺