北野天満宮

大阪発 日帰りで遊べる場所情報局

北野天満宮で梅見学

北野天満宮

京都市上京区馬喰町
TEL 075-461-0005

施設基本情報

駐車場 : 参拝者用無料駐車場あり
拝観料 : 境内自由参拝
定休日 : 要確認
拝観時間 : 自由参拝
アクセス : 京都南ICより約20分
北野天満宮HP  ◇周辺地図

北野天満宮について

寺社史跡 / 花見スポット / 滞在時間目安:1時間

京都市上京区にある北野天満宮。
北野天満宮では学問の神と知られている「菅原道真」を祀っているため、受験シーズンになると学生たちが合格祈願へやってきます。
菅原道真が愛した梅が境内にたくさんあるので、お花見客も多いです。

楼門と臥牛像

楼門
臥牛像

楼門横には梅苑がありました。
菅原道真と牛の関係が深いためか、北野天満宮には臥牛の像が所々に置かれていました。

三光門と社殿

三光門
社殿

三光門(中門)の脇にある看板に「三光門の由来は豊富な彫刻の中に日・月・星があることによる」と書かれていました。
国宝の社殿は菅原道真を祀っている北野天満宮の本殿です。

北野天満宮の梅

梅1
梅2

北野天満宮の境内は梅が多いことで有名。
この日もたくさんの観光客や学生たちでにぎわっていました。

梅3
梅4

梅苑にはいろんな種類の梅がたくさんあります。
この写真の撮影日は2007年2月19日です。
暖冬の影響で開花が早く、2月中旬にもかかわらず梅苑は5分〜6分咲きでした。

備考

宝物殿の拝観料は大人300円、中学生250円、小人150円。
梅苑へ入る料金は、茶菓子がついて中学生以上500円、子供250円です。
梅の咲くころは受験シーズンとも重なるので合格祈願の学生たちで多少混み合っています。

遊ぶ所を探す

観光ガイド

京都観光ガイド
吉野山観光ガイド
東大寺観光ガイド
有馬温泉観光ガイド
白浜観光ガイド

京都のお宿検索

東山・祇園・北白川周辺
河原町・烏丸・大宮周辺
京都駅周辺
嵯峨野・嵐山・高雄周辺
大原・貴船・鞍馬周辺
天橋立・宮津・舞鶴周辺