神戸花鳥園

大阪発 日帰りで遊べる場所情報局

神戸動物王国にリニューアル

神戸花鳥園

神戸市中央区港島南町7-1-9
TEL 078-302-8899

施設基本情報

駐車場 : 最初の90分無料、以降終日500円
入場料 : 大人1,500円 小学生800円
4〜5歳300円 3歳以下無料
定休日 : 木曜日
営業時間 : 10時〜17時(休日は17時30分)
アクセス : 京橋ICより約10分
神戸花鳥園HP  ◇周辺地図

神戸花鳥園について

家族向け / 大人も楽しめる / 動物とふれあえる /
弁当持込OK / 屋内施設 / 滞在時間目安:半日〜1日

神戸花鳥園は神戸どうぶつ王国にリニューアルされました。
花鳥園時代には居なかった動物などがたくさん増え、さらに楽しめる施設となりました。
以下、花鳥園時代の写真とレポートです。

フクロウコレクション

インドオオコノハズク
アメリカヒナフクロウ

駐車場側入り口の長屋門から入るとフクロウが展示されています。
小さい種類のフクロウは寄り添いあっていてとてもかわいいです。

アカアシモリフクロウ
ウサギフクロウ

ここの展示ブースだけでかなりの種類のフクロウがいます。
フクロウ関連のグッズなども売っていました。

水鳥池・ペンギン池

水鳥池
ペンギン池

水鳥池ではオシドリのヒナがたくさんいました。
ペンギン池ではペンギンふれあいや餌やりができます。

南花ゾーン

南花ゾーン
フクシア

こちらはお花のゾーン、南花ゾーンはベゴニアが、フクシアゾーンにはフクシアの花が天井からぶら下がっています。

中庭池

中庭池
エサやり

中庭池にはたくさんの水鳥が放し飼いになっています。
アヒルや白鳥などの水鳥の他に、クジャクやキンケイなどもいました。

スイレンゾーン

熱帯スイレン池
スイレン

スイレンゾーンには熱帯性のスイレンが一年中咲いています。
とても大きなオオオニバスの葉もありました。

東バードゾーン

インコ
オニオオハシ

東バードゾーンでは鳥に餌やりができます。
エサ代は100円で、鳥達に手乗りでエサをあげることができます。
小さなインコは手乗りでも怖くないですが、オニオオハシなどにエサをあげる時は、急に飛んできていきなり肩の上に乗ってくるので注意が必要です。

バードショー
手乗り体験

バードショーやフクロウを手に乗せて記念撮影するイベントなどもあります。

備考

入り口の長屋門のすぐ前まで車で行くと、雨にぬれずに入ることができます。
館内にはバイキング形式のレストランがあり、トイレは広くて館内全体がバリアフリーを考えた造りになっていました。
今回は車で行ったので、阪神高速往復2,400円と駐車場代500円、入場料が大人2人で3,000円の合計5,900円かかりました。

遊ぶ所を探す

観光ガイド

京都観光ガイド
吉野山観光ガイド
東大寺観光ガイド
有馬温泉観光ガイド
白浜観光ガイド

兵庫のお宿検索

神戸・有馬・明石周辺
城崎・竹野・豊岡周辺
香住・浜坂・湯村周辺
姫路・赤穂・播磨周辺