近畿でお花見 桜と梅の名所

大阪発 日帰りで遊べる場所情報局

桜と梅の観光名所

奈良県又兵衛桜

奈良県宇陀市の又兵衛桜
巨大な枝垂桜の圧倒的存在感!

近畿の花見スポットを紹介

近畿は京都、奈良を筆頭にお花見の名所がずらり。 その中でも実際に訪れたお花見スポットをここでご紹介していきます。
どの場所も印象深く、とても良いイメージが残っていますので、近畿でお花見観光の際の参考になさって下さい。

梅のお花見もオツなもの

桜が咲く前に梅の開花が始まります。和歌山県南部では早くから咲いている模様。
少し肌寒い時期のお花見は空気が澄んでいるので景色が綺麗です。

奈良は3ヶ所、京都、神戸も!

奈良県には月ヶ瀬梅林賀名生梅林追分梅林があります。 京都と神戸は街中でも落ち着いた雰囲気。奈良県は山の自然との融合が素晴らしい。

月ヶ瀬梅渓

特に月ヶ瀬と賀名生(あのう)は広大な敷地でかなり見ごたえあります。
梅の花を見ながら見下ろす月ヶ瀬渓谷がとても綺麗で、空気が澄んでいるこの時期ならではの景色が広がります。

お土産屋さんには梅酒を作る際の生梅が売られています。
月ヶ瀬街道をツーリング感覚でバイクで行くのも楽しく、柳生街道から京都の加茂方面まで周遊できて良かったです。

賀名生梅林は山の斜面に梅を栽培されているので、全てを見て回るとちょっとしたトレッキングになります。 坂道がキツいので、しっかりした靴で行きましょう。

賀名生梅林
追分梅林

追分梅林は日の出時間に行って写真撮影。自分と同じく梅の写真を撮りに来ている人が多かったです。 観光的な梅林ではなく、農園として自由に見学するだけなので、車の駐車など農家の方に迷惑がかからないよう配慮が必要です。

神戸は岡本梅林公園。「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」と唄われているぐらい有名な場所です。岡本梅林公園は閑静な住宅街にあります。

岡本梅林公園
北野天満宮 臥牛像

山麓にあるため景色は抜群!
お花見中に和服を着た人が多く見かけられたのもこの地域ならではでしょうか。 京都や奈良とまた違った雰囲気で、とてもハイソな感じがします。

そして京都は北野天満宮です。
時期柄受験生の姿が多く見られ、菅原道真縁の地である事を実感します。梅苑は入場有料でお抹茶が頂け、京都らしい雰囲気を満喫できます。

梅お花見スポット詳細

月ヶ瀬梅林…奈良市月ヶ瀬尾山  周辺地図
賀名生梅林…吉野郡西吉野村北曽木  周辺地図
追分梅林…奈良市中町  周辺地図
岡本梅林公園…神戸市東灘区岡本6  周辺地図
北野天満宮…京都市上京区馬喰町  周辺地図


桜はどこも見ごたえ十分!

関西は桜の名所が多く、規模が大きいのでとても見ごたえがあります。
一日で数箇所回るも良し、じっくり観光するのも良し。

圧倒的存在感、又兵衛桜!

奈良県宇陀市にある本郷の瀧桜こと又兵衛桜は一見の価値あり!
巨大な枝垂桜が1本あるだけですが、その存在感に圧倒されます。

又兵衛桜

オススメの時間帯は早朝。
撮影時は吉野山へ行く前に寄ってみました。午前7時過ぎに到着したら丁度順光気味で綺麗に撮れました。
朝早いにもかかわらず、すでに多くの人が。
維持管理協力金100円を支払いました。

冒頭の写真にある通り、バックの桃の花の緋色と手前の菜の花の黄色が又兵衛桜を引き立てます。 もちろん桜の近くまで近寄る事も可能。かなり大きいです。夜間はライトアップされています。

又兵衛桜からの吉野山

又兵衛桜から吉野山までは車で約30分ほど。
道なりに南下するだけなので、二箇所巡りでいかがでしょうか。

吉野山下千本

吉野山で一番困るのが駐車場。
行きは良いのですが、歩行者天国になる時間は帰りが一方通行になるのでかなり渋滞します。 あまり上へ止めてしまうと帰るのが困難なので、吉野神宮を越えてすぐの駐車場へ止めて歩くかバスを利用する事をオススメします。

上千本、奥千本まではバスの利用が便利。
バイクならすぐに行けますが、歩行者天国の時間帯を避けて通らないとダメです。バイクも駐車料金一律で1,500円徴収されます。

又兵衛桜、吉野山詳細

又兵衛桜…宇陀市大宇陀区本郷  周辺地図
吉野山…吉野郡吉野町吉野山  周辺地図


和歌山は3つのお寺と和歌山城を見学

和歌山県の開花宣言、桜の標本木がある紀三井寺を筆頭に根来寺粉河寺など桜の名所がたくさん。 和歌山城も桜が綺麗です。

紀三井寺

一番南にある紀三井寺からはしご見学のお花見バイクツーリングをして来ました。
紀三井寺には和歌山の開花宣言の目安になる標本木があり、境内には桜の木が数多くあります。 最初の石段が結構キツいです(^^;)

紀三井寺からすぐ近くの和歌山城へ。
丁度見ごろを迎えており、城内は素晴らしい景色。

和歌山城天守

天守前の桜がとても綺麗でした。
この時点でお昼前。和歌山城周辺では美味しい和歌山ラーメンを堪能できます。
その土地の味覚巡りもバイクツーリングの醍醐味ですね。(^^)

和歌山城を後にし、紀ノ川を渡って根来寺と粉河寺へ。
ほど良い距離でつながっているのでバイクでの移動も楽しいです。車だと和歌山ICあたりで混むのでご注意を。

根来寺大塔
粉河寺ソテツ

根来寺は参道から露店が並んでお祭りの雰囲気。境内は広く、レジャーシートを敷いてお花見している方も多かったです。大門から鐘楼門までの間は芝生も広がり、自由にお花見できるのが良かったです。
根来寺から粉河寺までは約10分ほど。
巨大なソテツ庭園が有名で、桜の時期になると西国巡礼以外の方も多く訪れます。

和歌山お花見スポット詳細

紀三井寺…和歌山市紀三井寺  周辺地図
根来寺…岩出市根来2286  周辺地図
粉河寺…紀の川市粉河2787  周辺地図


八重桜なら御室と造幣局!

桜の時期を少々外れてもここなら大丈夫。仁和寺造幣局桜の通り抜けは八重桜がメインなので開花時期は少し遅め。ソメイヨシノが散った後でも十分に楽しめます。

仁和寺 御室の桜

仁和寺の名勝御室桜は少し開花時期が遅め。
背の低い桜並木から望む五重塔がなんとも風情があって良い雰囲気です。
周辺には妙心寺、龍安寺、金閣寺など見所もたくさんあり、お花見観光ツアーに丁度良いです。

大阪の造幣局桜の通り抜けは開催期間が決まっています。
毎年開花の頃合を見て期間を決めるので、年によって開催時期はまちまちです。

造幣局桜の通り抜け

造幣局の通り抜けは天満橋近くの南門から北門への一方通行になっています。
入口付近はかなりの人ごみですが、順路にそって進んでいくと少し落ち着いてきます。
各桜には名前が付いています。

造幣局を通り抜けた帰り道の大川沿いには、たくさんの露店が並んでいます。
時期によっては大川沿いのソメイヨシノも咲いています。


まだまだある京都のお花見スポット!

京都を代表する花見スポット、醍醐寺哲学の道円山公園清水寺
春になると各地周辺から露店が並んでお花見ムード満載です。


太閤秀吉も醍醐でお花見

醍醐寺には大きな枝垂桜がたくさん。
お花見時は三宝院、霊宝館、伽藍の3枚つづり共通券(1,500円)がお得。

醍醐寺

共通券は3ヶ所のうち2施設に利用できる2枚つづり(1,000円)もあります。
霊宝館の大きな枝垂桜、三宝院の庭園やクローン桜などが見所。
特に霊宝館の枝垂桜はどれも大きく見ごたえあります。

最盛期はかなり混みます。
醍醐寺から歩くこと約1時間で上醍醐寺へ行けます。


哲学の道は周辺のお寺も必見

哲学の道周辺には銀閣寺、法然院、安楽寺、霊鑑寺があります。
どのお寺も庭園が綺麗です。

哲学の道

哲学の道は若王子神社から銀閣寺まで約2kmの疏水通りに桜が咲いています。 疏水沿いは道幅が狭いのでベビーカーを押しての通行は少し困難です。
道中にある各お寺の庭園には桜はありませんが、椿が綺麗に生けられていてとても綺麗でした。

若王子神社から永観堂、南禅寺まですぐ近くなので合わせて観光できます。
京都市動物園も近いので、親子連れならここで遊んで帰るのも良いですね。


円山公園からの清水寺

円山公園は完全にお花見会場。
座敷を設けている露店がたくさんならんでお祭り騒ぎ。

円山公園
清水寺

東大路通りから八坂神社を通り抜けて円山公園へ。
公園内にある大きな枝垂桜は必見です。
円山公園からねねの道を通り、二年坂、三年坂を越えて清水寺へ。
桜も綺麗なんですが、清水の舞台から見下ろす京都の街並みも素晴らしいです。

お花見スポット詳細

醍醐寺…京都市伏見区醍醐東大路町22  周辺地図
哲学の道…京都市左京区鹿ヶ谷上宮ノ前町  周辺地図
円山公園…京都市東山区円山町  周辺地図
清水寺…京都市東山区清水1  周辺地図


備考

詳しい開花時期などは公式サイトをご確認下さい。
週末のお花見時は周辺道路が混雑しますのでご注意を。

遊ぶ所を探す

観光ガイド

京都観光ガイド
吉野山観光ガイド
東大寺観光ガイド
有馬温泉観光ガイド
白浜観光ガイド