家族で釣りを楽しむための準備と道具

大阪発 日帰りで遊べる場所情報局

ファミリーフィッシングのススメ

泉佐野食品コンビナートにて

泉佐野市の食品コンビナートにて。
サビキでアジGET!

難しくない釣りをしよう

「釣り」って専門的な道具や知識が必要と考え、家族サービスとして敬遠しがちではありませんか?
ここでは市販のサビキ仕掛けを使った「簡単な釣り」の仕方を紹介していきます。
「釣りを楽しむ。」「生体を観察する。」「食べる。」と、釣りは子供達にとっても良いこと尽くしです。

釣り方と釣る魚を決める

まずは釣り方、そしてその釣法で釣れる魚の種類を調べます。
初めて釣りをする場合は、たくさん釣れて仕掛けも簡単な「サビキ釣り」が一番でしょう。

サビキ釣りとは
サビキ仕掛け1

サビキ釣りの特徴でもあるたくさんの釣針。
この枝糸に疑似餌針のついた一連の部分をサビキ仕掛けと言い、自分で作らずともセットで市販されています。
リールから竿のガイドに糸を通して、その先にサビキ仕掛けを連結するスナップを付けるだけで簡単に仕掛けを付け替えできます。
そして仕掛けの一番下には錘を兼ねたカゴを付け、解凍したアミエビを入れて海へ放り込みます。 関西では左図の下カゴ仕掛けが一般的です。

サビキ仕掛け2

他にも上からカゴ、サビキ仕掛け、そして下に錘を付ける仕掛けもあり、特に深い場所に魚が居る時はこちらの方が擬餌針の部分で撒き餌がちらばるので効果的です。
サビキ釣りは連れ出すとどんどん釣れるので、下カゴ仕掛けでよほど釣れない限りは下カゴ仕掛け一本で大丈夫です。
その他、ウキを付けて少し遠くへ投げる飛ばしサビキなども後述で記載しています。


釣竿と仕掛けを買う

サビキ釣りに必要なのは、竿、リール、サビキ仕掛け、錘カゴ、撒き餌のアミエビ。
最低限これだけあるとサビキは楽しめます。
あとは魚を保冷するクーラーボックスがあると、持って帰って美味しく魚を食べられます。
釣具屋さんに行くと、最初からリールと竿がセットになったファミリーセットが販売されています。子供達をメインに釣らせるなら最初はこれで十分でしょう。楽天などの通販でも売っています。

あとはエサだけシリーズ 波止サビキセットSV3.6m

価格:3,175円
(2014/10/28 15:28時点)
感想(1件)


サビキも市販の仕掛けが数多く売られています。
後述しますが、魚の大きさによって針の大きさを決めたり、釣る場所によってサビキの色を決めます。

もりげん(MORIGEN) ハゲ皮夜光留サビキ仕掛け 鈎11/ハリス3 S-04-11

価格:205円
(2014/10/28 16:09時点)
感想(0件)

行く前?当日?いつ釣りの用意をするか

やはり事前に用意して行くのが一番スマートですが、行き当たりバッタリでも釣具屋さんで上記セットを買うといつでも釣りが楽しめます。
道具を持っていない場合は釣具屋さんで話を聞いてそろえると良いでしょう。
撒き餌に使うアミエビは大体冷凍されているので、当日に冷凍アミエビを買うとカチコチですぐに釣り開始!とは行きません。
海辺の近くにある釣具屋さんや海釣り公園では解凍済みのアミエビを販売されているので、撒き餌に関しては当日に用意した方が楽です。


釣れている場所と魚種の確認

明日は天気が良いから釣りに行こう!
さて、釣りへ行く前、最初にすべき事は釣果のチェックです。
京阪神の主な釣り場や釣果はフィッシングマックスさんのホームページで調べられます。
ほぼリアルタイムで釣果の更新をされているので、釣りへ行く前はマックスのホームページをチェックしてみて下さい。

何が釣れてますか?大きさは?

サビキ仕掛けで狙う魚は一般的にアジ、イワシ、サバなどです。
これらの魚種は大きさによって、豆、小、中、大と言い分けます。
豆アジや豆イワシが釣れている時は小さめの針が付いた仕掛けに、大サバや大アジなどが釣れている場合は大き目の針の付いた仕掛けを買っておきます。
市販のサビキ仕掛けには必ず針の号数が書いてあるので、釣れている魚の大きさによって使い分けて下さい。
針の号数が小さいほど針が小さい。号数が大きいと針も大きくなっています。

釣れている時間帯は?

本格的な釣人の朝は早いです。
一番釣れると言われる日の出頃には竿を出して釣り始めています。
日の出から日が昇る時間帯と、日の入りから日没までの時間帯を「まづめ」と呼び、朝マヅメ、夕マヅメと言います。
この日の出、日の入りのマヅメ頃が魚の活性が高くて釣れやすいと言われています。
サビキで狙うターゲットも同じく朝夕のマヅメ期が一番釣れますが、釣れているシーズンに入ると一日中コンスタントに釣れ続けます。
釣果を見る際には釣れている時間も見ましょう。お昼頃でも釣れているならお子さんを連れて行くチャンスです。

波止、海釣り公園、どこで釣る?
波止のメリット、デメリット

波止のメリットはなんと言っても無料で楽しめるところ。
進入禁止や有料の場所もありますが、場所によっては車を横付けにして釣りができる所もあります。
デメリットは、危険、トイレや水道が無い、売店が無い。
救命胴衣を着けていても、落水した場合は救助が大変です。
ファミリーでの波止釣りは、波止際に柵がある、トイレが近い、釣具屋が近いなど、デメリットが少ない場所を選ぶと良いでしょう。

海釣り公園のメリット、デメリット

海釣り公園のメリットは安全、売店があるので撒き餌切れの心配が無い、トイレもある。
やはり売店とトイレがあるのが一番良いですね。
お弁当や釣りの仕掛け、アミエビも普通に売っています。
デメリットは入場料がかかるぐらい。救命胴衣も貸してもらえる所も多いです。
命はお金に代えられません。慣れないうちは釣り公園で楽しむのが良さそうです。


釣り開始!

さぁ釣ろう!
「アミエビが臭い!」
ファミリーフィッシングでよくある奥様定番のセリフですね…(´・ω・`)
そんな時はすいこみバケツが便利です。
溶けたアミエビをすいこみバケツに入れ、少し水を足してやるとカゴを漬けるだけで自動的にアミエビがカゴに入る仕組みになっています。

第一精工 すいこみバケツ フタ付・中

価格:950円
(2014/10/28 17:47時点)
感想(1件)


「魚に触れない!」
アジのシッポ近くにある「ゼイゴ」と呼ばれるウロコは直接触ると結構痛いんです。
まれにゴンズイやアイゴなどヒレに毒を持った魚や、サゴシなど歯の鋭い魚も釣れるので、魚つかみがあると便利です。

第一精工(DAIICHISEIKO) ワニグリップミニ レッド【釣具のポイント】

価格:1,210円
(2014/10/28 18:10時点)
感想(7件)


「汚れた手を洗いたい!」
釣座でちょっと汚れた手を洗えるのは便利です。
そんな時は水汲みバケツ。手を洗うだけではなく、散乱したアミエビなどを洗い流すのにも役に立ちます。

TAKA / タカ産業 S-5 水汲み角型バケツ 水汲みバケツ  18cm 【カラー:アソート】 ◆ 02P25Oct14

価格:950円
(2014/10/28 19:18時点)
感想(0件)


魚が釣れた!

魚が釣れたら持って帰りますか?それともバケツに入れてちょっと観察したら逃がしてあげますか?
大阪湾で釣れた魚でも美味しく食べる事ができます。
クーラーボックスを持って行くなら是非「氷締め」をお試しあれ。

潮氷

多めの氷をクーラーに入れ、釣りをする前にクーラーに海水を入れて少し溶かします。これを釣人は「潮氷」と呼びます。
こうする事で水温がマイナスになり、釣った魚をすぐ入れるとショック死します。
おまけに鮮度も保てて一石二鳥。

魚が釣れる気配があると、すぐに潮氷を作りましょう。
あとは釣った魚をどんどんクーラーへドボンです。
帰りはそのままでも良いですが、かなり重いので水を抜いて、釣った魚をビニール袋に移して直接氷に当てないようにして持ち帰ります。

周りは釣れて自分だけ釣れない

釣れている人に話を伺いましょう。
これが一番早い解決方法です。
初めての場合は聞き慣れない用語もあるので戸惑いますが、世話焼きの釣人も多いので遠慮なく何でも聞いてみる事です。

タナを調べる

まず、釣れている場所(深さ)を調べましょう。
魚が釣れている深さを「タナ」と言い、このタナの深さを「ヒロ」と表現します。
1ヒロは両手を広げた長さ、約1.5mぐらい。
「2ヒロぐらいで釣れているよ。」と言われると、3mぐらいの所で仕掛けを止めてあげると良いです。

サビキの色、針の大きさを調べる

釣れている人とサビキの色が違ったり、針の大きさが合わずに掛からないなどはよくある事です。
サビキの色と種類、針の号数などを聞いてみると良いです。
また、泉南ではピンク、和歌山では白スキン、小島ではウィリーなど、場所によって主流になるサビキ仕掛けがありますので、事前に下調べをしておくと良いでしょう。

届かない場所で釣れている

足元では釣れず、浮きを付けて少し投げた先で釣れている場合は足元まで魚が回遊していません。

飛ばしサビキ仕掛け

仕掛けを遠く飛ばす場合は、サビキ仕掛けの上にウキ止めをして、ウキを付けます。
最初は投げるのに苦労しますが、錘が重いのでゆっくりと竿を振るだけでわりと飛んでくれます。
ウキを付ける場合はウキ止めの位置でタナを決めます。
ウキ止めから仕掛けまでの距離がタナになります。
同じサビキでも、この飛ばしサビキをすると本格的な釣りとなります。
ウキで当たりが取れるので楽しいですよ(^^)

周りも全然釣れていない

アジ、イワシ、サバは回遊魚なので、その場に魚が回遊していない時は釣れません。
アミエビを打ち返して根気良く待ちましょう。
スマホで情報を集めて釣れている場所を探し、思い切って場所変えするのも手です。

釣り終わったら

釣り終わったら道具とゴミを片付け、散らばったアミエビは水汲みバケツで綺麗に洗い流しましょう。
魚つかみやハサミなど、出しっぱなしにしている道具は忘れ物してしまうので注意です。
釣れているシーズンのサビキは大漁になるので、家に帰ってからも大変です(^^;)
小さなアジはウロコと頭を取り、ハラワタを出して唐揚か南蛮漬けにするのが一番楽です。
イワシもウロコ、ハラワタ、頭を取ると煮付けで骨ごと食べれます。
釣って楽しい食べて美味しいファミリーフィッシング。一度お試しあれ(^^)

遊ぶ所を探す

観光ガイド

京都観光ガイド
吉野山観光ガイド
東大寺観光ガイド
有馬温泉観光ガイド
白浜観光ガイド

トップへ戻る